FX基礎知識。有利な取引方式とは

基礎知識としてFX初心者が知るべき取引方式

FXの基礎知識として知っておくべきこととして、FX会社の運営の方法として、日本国内で多く採用されているDD方式と、海外FX会社が多く採用しているNDD方式があります。

FX取引にとって有利なのはNDD方式です。

そしてNDD方式の中にもECN方式STP方式があります。

ここではこの2つの方式のメリットとデメリットを説明します。

FX初心者が外国為替証拠金取引の投資をする上でとても必要な基礎知識ですのでしっかりと理解しましょう。

FXってどんな投資だろう?どんな魅力があるのかを知りたい人はまず下記のページを見てみてください。


参考記事→FXはどんな投資?リスクやその魅力とは


ECN方式はチャートの板情報でマッチングできる

まずECN方式と呼ばれるFX会社の運営方式を基礎知識として理解しましょう。

FX取引方式の基礎知識1、ECN方式とは

ECNを直訳すると電子通信ネットワークという用語になりますが、アメリカでは金融商品をインターネット上で取引するシステムがあり、この取引所自体をECNと言っています。

ECN方式は個人、ファンド、FXブローカー、証券会社、銀行等の売買が絶えず成立しています。

注文は板情報として追加され「どのくらいの価格で注文があるのか」見ることができます。

売り手と買い手が合えば時間がかからず直ぐにマッチングが行われ約定されます。

逆に、売買の割合が合わなければマッチングできない可能性もあります。

しかしながらECN方式は大口の取引先が参加している為、約定力は非常に高いものと言えます。

安定した取引が行えるのがECN方式のメリットです。

FX取引方式の基礎知識2、ECN方式は透明性が高い

ECN方式を扱うFX会社は取引量に対して手数料を発生させます。

手数料を上乗せしたりはしないので、その透明性さもECN方式のメリットです。

しかしきちんとした約定力を得る為に、ある程度の流動性がなければばりません。

取引量の低い銘柄の場合では約定されないリスクもあります。




STPは口座開設した会社が為替レートを調節する

次はSTP方式と呼ばれるFX取引方式の仕組みの基礎知識を理解しましょう。

FX取引方式の基礎知識3、STP方式とは

STP方式とは直訳すると注文が直接市場に出るという用語になります。

STP方式を採用するFX会社の場合、カバー先のレートを見た後、そのレートにスプレッドを加えてトレーダーへ開示します。

カバー先からの開示レートと、トレーダーへの開示レートのがFX会社の利益になります。

つまりカバー先が多ければ多いほど、有利になってきます。




STPのメリットはコストが低くくレバレッジも魅力的

次にSTP方式でのFX取引のメリットを基礎知識として説明します。

FX取引方式の基礎知識4、STP方式のメリット

STP方式を使っている海外FX会社では数千円からのような小口資金からの取引も出来る為、FX初心者でも楽しむことができます。

そしてレバレッジを掛けて100万通貨というような大口取引をする場合でも、確実に注文の決済が行われますので安心できます。

また、STP方式ではスプレッドや取引手数料のコストが低くなる為に、大口の取引になるほど魅力的でもあります。




FX基礎知識、自分に合う外国為替証拠金取引

FX取引におけるECN方式とSTP方式における基礎知識を説明しました。

海外FX会社ではECN方式とSTP方式の両方で口座開設の出来るところが多いです。

ECN方式は透明性が高い一方、STP方式は手数料やスプレッドに有利であります。

自身のトレードスタイルから方式を選んで取引に挑みましょう。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です